4005 住友化学2桁営業減益に

住友系の総合化学。石油化学はシンガポールに続きサウジで展開。医農薬と情報電子に注力

基礎化学部門を中心に今期は2桁営業減益に。純損益は大幅赤字を見込む
 13年3月期通期の連結業績についてQBRでは、従来予想を売上高1兆9600億円→1兆9900億円(前期比2%増)、営業利益560億円→510億円(同16%減)へ修正する。需要低迷・採算悪化により、基礎化学、石油化学の両部門を中心に収益は大きく悪化する見込みで、従来予想との比較でも損益面で予想を引き下げた。

b0054850_21153465

【決算】3月【設立】1925.6【上場】1949.5
【連結事業】基礎化学15(3)、石油化学35(1)、情報電子化学15(4)、健康・農業関連14(10)、医薬品20(5)、他3(7)【海外】52
【底入れ】化学品市況が想定超に悪化。一転大幅営業減益。株評価特損が大、税資産取り崩し。期末無配。14年3月期は医薬や農薬堅調。電子部材は新製品効果で増勢。化学品挽回。円安恩恵加わり営業益底入れ。
【撤 退】千葉工場のエチレン生産15年9月までに停止。出資比率(従来22・5%)引き上げる京葉エチレンから引き取り増やし補う。化学品国内生産の抜本再編も検討。

薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com